2012年07月20日

LenovoのIdeaPad Z575が三万三千円って、安すぎるだろう(個人的メモ)

Lenovo CES2011Lenovo CES2011 / Tokuriki




Microsoftの次期OS Windows8の発表が10月26日にほぼ確定し、タブレット端末Surfaceも同日にリリースされるのではないかと噂されています。
新モデルが発表されると投げ売りが激しく行われるのがIT機器、情報端末の宿命ですが、たまたま見つけたLenovoのIdeaPad Z575が恐るべき価格で投げ売りされていたのでメモ。



Lenovo IdeaPad Z575シリーズ LED バックライト付 15.6型 HD液晶 1299-96J ガンメタルグレー
by カエレバ




一昔前ならハードディスクドライブ500GBだけでこの値段は下らなかった筈です。
さすがに重量3.7kgと携行性までは備えていませんが、ノートPCがこれ以上価格破壊を起こす事は再び来るのでしょうか?
ネット通販とは言えアウトレットや中古価格ではなくこの価格で新品が販売されている事は、数年前ですらとても考えの及ばなかった事態です。
タブレット端末はビジネスユースとなるとなかなか性能的に厳しいものがあるのが現状であると私は認識していますが、市場の人気や需要からしてノートPCもネットブックと同じ様に淘汰されていく存在であることを暗示しているのでしょうか。
同社のG570やG475なんかもなかなかの価格破壊を起こしているのですが、三万円を切ろうかと言う価格であるインパクトは昔人間である私にはただただ驚くあまりです。


まるでアタッシュケースの様な発熱PCに数十万も出していた時代が懐かしくなってきます。
とりあえず注文しておいたので、手に入り次第レビューしてみたいと思います。
カスタマーレビューはこんな感じの様ですが、こんな感じでなかなか評価は高そうなのですが、果たして実際の実力はどの様なものか試してみたいと思います。
...続きを読む


タグ:Lenovo PC
posted by raydium吉田 at 17:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

米スプリントはHTC EVO4G、EVO3DへのICSアップデートを8月に行うと計画。auは??

evo.3devo.3d / sam_churchill



Nexus7の発売に伴って新OS, Jelly beanの環境を既に手に入れているAndroidユーザーも居ますが、殆どのAndroidユーザーは未だにIce Cream Sandwichへの端末アップデートを待ち望んでいるのが現状です。
米スプリントから発売されているHTC EVO4GとEVO 3Dについて、同社のICSへのアップデートを八月中に行う計画があるとNow Networkは報じています。




アメリカでは皮肉にも、同端末のプリペイド端末は既にICS OSへのアップデートが行われており、キャリアを通して普通に契約したユーザーが置き去りになっている状況の様です。
Sprint社は詳しいアップデート実施日については言及していませんが、二週間以内に詳細が判明する模様です。


ところで、HTC EVOとEVO 3Dは日本のauからも販売されており、それぞれ販売から半年以上経過していますがアップデートの行方はどうなっているのでしょう?
EVO 3Dに関してはブートローダーの解除も日本だけAUの意向で許されていない状況ですので、アップデートをこのまま放置し続けるとなると、「売りっぱなしでアップデートもせず端末改造も許さない横暴なキャリア」とユーザーに認知されてしまい、これからのスマートフォン販売に悪影響を及ぼしそうです。
グローバル端末を選ぶ客層がどの様な層なのかをもっとよく考えて販売を行って欲しいものです。




posted by raydium吉田 at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

Appleが8月7日にiPhone5の発表会を開くのでは無いかとの噂

iPhone5 & iPhone4siPhone5 & iPhone4s / Macin-flick




KnowYourMobileの「信頼のおけるソース」からの情報によると、Appleは次期モバイルデバイスの発表を期待されるよりも早く行うかもしれないとの事です。
時期に関しては少なくとも昨年の10月4日よりもかなり早くなるであろうとの事であり、ライバルとなるサムスン製Galaxy SVの存在を脅かし、プレッシャーを与える事がその主戦略の模様。




もし仮に8月早期に新型iPhoneが発表されたなら、同月後半若しくは遅くとも9月の頭にはリリースされる事が期待出来ます。
この早期発表とAppleのiPhone発売スケジュールがうまくいかなかった場合、二年契約で2010年の6月頃からiPhone4を今使って居るユーザー達には二年契約の解約時期の到来と共に今現在評判の高いGalaxy SVなどの選択肢を与えてしまうことになります。



仮にAppleが10月という計画を前倒しにして時期iPhoneを発表するとなると、秋発売が予測されるWindows phone 8やGalaxy Nexus 2の締め出しにも同社は躍起になることが予想されます。
勿論、発表会ではApple CEO Tim Cookがステージに上がり、彼の手には新型iPhoneが当然収められているでしょう。
そうなると、今後エンジニアリングリークなど新型iPhoneの様々な情報が飛び交う様になることが予兆として考えられます。




posted by raydium吉田 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。